悪玉菌が増えた腸内を正常化!乳酸菌サプリでしつこい便秘を解消しよう

腸の調子を整えるため、便秘解消のためにヨーグルトを食べているかたも多いでしょう。こうしたかたが意識しているのが乳酸菌の摂取ですが、そもそも乳酸菌というのは糖分を養分にして乳酸を作る細菌のことをいいます。これが腸内に住み着くことで、腸内が健康的な酸性に保たれているのです。

数多く種類のある腸内細菌を大きく分類すると、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌に分けられます。

善玉菌と悪玉菌はそれぞれお互いに陣地争いをするようにその人が摂取した栄養や体調によって常に量を増減させていて、健康を維持するためにはそのバランスを意識することが必要です。

善玉菌は食べ物の消化吸収を促したり、免疫を強化したり、老廃物の輩出や免疫力のアップさせ、悪玉菌もビタミン合成などで大切な働きをしています。

どちらも欠かすことができないものなのですが、ただ、悪玉菌が優勢な状態になってしまうと便秘や免疫力の低下、発ガン率の上昇などあらゆる健康面に悪影響を及ぼすため、常に腸内環境を整える意識を持つことが大切なのです。

便秘のかたはこの悪玉菌が増殖し、善玉菌がこれらの働きを抑制しきれていない状態になっているため、外部から善玉菌に分類される乳酸菌を摂取することでその働きを手助けすることが効果的になります。

そんな乳酸菌を無理なく継続的に摂り入れる方法として、乳酸菌サプリの利用が便利です。サプリなら水と一緒に一定量を飲むだけですので、味に飽きてしまうこともなく、習慣化しやすいのがメリットです。

さらに、サプリによって乳酸菌を摂取していくだけではなく、善玉菌のエサとなる食物繊維、オリゴ糖を摂り入れることを心がければ、その働きを助け、便秘解消効果を高めることができるでしょう。

もちろん、乳酸菌サプリはあくまでも食品であり、薬ではないため便秘解消薬のような即効性があるものではありません。

しかしながら、毎日乳酸菌を摂り入れていくことで、少なくとも悪玉菌の必要以上の増殖を抑えていく効果を期待できます。

同時に腸の働きを活性化させるために運動したり、栄養バランスのいい食事を意識していけば、便秘をしにくい身体に改善させていくことが可能です。